薬剤師に多い転職理由とは

薬剤師は比較的転職を行う人が多い職種と言えるでしょう

一般企業と比べた場合、薬剤師は比較的転職を行う人が多い職種と言えるでしょう。
その理由としては、大きく分けると4つに分かれ、一つ目が年収アップ、二つ目が人間関係、三つ目が労働環境、そして四つ目がスキルアップ、キャリアアップです。
転職する場合には現在勤めている職場をやめなければなりませんが、この時になぜやめたいのかをそのまま伝えてしまった場合には、場合によっては引き留めにあう可能性も高まります。
転職理由の中でも上位に食い込むものとして年収アップが挙げられます。
薬剤師として働く場合には、薬局や病院、ドラッグストアなど様々な就業場所が挙げられますが、どのような場所で働くとしても、多くの人が年収をあげたいと考えることでしょう。
特に病院で勤めることになった場合に、大病院になればなるほど年収が少なくなってしまうので、将来のことを見据えて調剤薬局に転職したいと考える人も多く見られます。
家族を養わなければならないといったことも多く、病院から調剤薬局へ、またドラッグストアなどに代わりたいと考える人も多く見られます。
もちろんのこと、年収をアップさせるために、現在勤めている薬局からほかの薬局へ変わることも頻繁に行われていることでしょう。
病院で勤めた場合には、非常に給料が低いことでも有名であり、月収で換算すると22から24万円ほどであることは珍しいことではありません。
これを手取りにした場合には20万円を切ってしまうこともあります。
またほとんど給料も上がらないことから、このような人の多くが高い年収を求めて違う職場に就職をするということです。

薬剤師は比較的転職を行う人が多い職種と言えるでしょう / 人間関係や職場環境が悪くなると早く辞めたいと考えてしまう / 転職をするとなった場合には、本音の理由が存在するのが事実