薬剤師に多い転職理由とは

転職をするとなった場合には、本音の理由が存在するのが事実

このような場合には、突然の休みにも対応してもらえて、早退や時短勤務などに柔軟に対応してくれる職場が求められることでしょう。
最後にスキルアップやキャリアアップを目指すといった理由です。
基本的に同じ薬の処方を行う職場となった場合には、落ち着いて仕事を行うことができるかもしれませんが、毎日同じことの繰り返しであるため、なかなか新たな知識をつけることはできません。
このような場合に、患者の容体によって薬の内容が変化する病院に変わった場合には、非常にあわただしく働くことになるかもしれませんが、知識や技術などの面では大きなスキルアップが期待できます。
また現在勤めている職種と同じ職種に変わるといった場合でもスキルアップは可能となります。
同じドラッグストアであっても、一般用医薬品を学べるところがいいなどといった様々なスキルアップが考えられます。
このように転職をするとなった場合には、本音の理由が存在するのが事実です。
しかし現在働いている会社を退社するとなった場合に、本音を伝える人もいれば、建前を伝える人もいることでしょう。
退職を告げる際に、伝え方を失敗してしまった場合には、スムーズに円満に対処できなくなってしまう可能性もあるので、十分に注意しなければなりません。
正直に伝えるとなった場合には、勤務地や労働時間、人間関係などの悩みがあげられるでしょう。
しかし場合によっては条件緩和を提示され、引き止めにあうこともあるので十分な注意が必要です。
本音で言うと引き止めにあってしまうと言った場合には、建前での理由を伝える必要があります。
不満などを正直に伝えてしまうと、職場での環境に影響を及ぼすことから建前で話すことが大切なこともあるでしょう。
本音とはまったく異なることを述べるのも一つの手段となりますが、見抜かれてしまう可能性があることを頭に入れておきましょう。


・月給制と年俸制って違うの?

・どっちも一緒でしょ?


いえいえ、全然違います。

薬剤師が転職するなら、給与形態は月給制ではなく年俸制を選ぶべきです。

その理由を記事にしました。


【薬剤師の給料】年俸制のメリット解説『結論:転職なら年俸制一択』 https://t.co/hgzd0RQoND

— まっきー@薬剤師パパブロガー (@yakupapa_blog) 2019年11月8日

薬剤師は比較的転職を行う人が多い職種と言えるでしょう / 人間関係や職場環境が悪くなると早く辞めたいと考えてしまう / 転職をするとなった場合には、本音の理由が存在するのが事実

薬剤師 転職 理由 | 薬剤師の転職理由ランキング